音楽室ハルモニア / レッスンプランのご案内

横浜市金沢区・金沢文庫駅前の音楽室ハルモニアです。

この記事では音楽室ハルモニアで行なっている、大人の方に向けた弦楽器レッスン内容をご紹介します。

レッスンプランについて

音楽室ハルモニアでは、個人レッスンとアンサンブルレッスンを行なっています。弦楽器を弾くのが初めてという方は、個人レッスンでまず基本的な演奏を学びましょう。大手音楽教室では初心者向けのグループレッスンもありますが、音楽室ハルモニアでは、やはりお一人ずつのニーズや体力に合わせた個人レッスンが最適だと考えています。

弦楽器経験者の方や、お仲間との合奏を楽しみたい方にはアンサンブルレッスンがおすすめです。

個人月極レッスン

個人レッスンの月極プランは、1ヶ月に2回、もしくは3回、個人レッスンを受けるプランです。初級、中級のレベルと、レッスン時間は60分が基本ですが、初心者の方に限り40分もお選びいただけます。

レベルの違いは?

初めてレッスンを受ける方は初級クラスからスタート。経験者の方はレッスン内容をお伺いして初級か中級かを相談しましょう。

中級はある程度の長さの曲が弾けること、ヴィヴラートやポジション移動の練習が始まるレベルを目安とします。人によっても状況が変わりますので、レッスンの際に講師と相談しましょう。

レッスン時間はなぜ60分?

レッスン時間は60分が基本です。30分レッスンでは楽器に慣れてきた頃に時間がきます。大人の方の場合、毎週短い時間でレッスンを行うより、自分なりに課題をどうやって取り組んだか、また取り組む上で出てきた疑問はないか、その点を重視しながらレッスンを進めます。日常の練習時間が多く取れない方は、レッスンで繰り返し反復練習を行なっています。

基本の演奏フォーム、楽譜の読み方、簡単な音楽理論やソルフェージュなども取りれているので、あっという間に時間が過ぎます。弦楽器は楽器の出し入れにも少し時間がかかるので、集中してきちんとレッスンを受けるならば60分が理想です。

弦楽器を初めて弾く方、また音楽レッスンの経験のない方には初心者40分レッスンも行なっています。ご相談ください。

単発レッスン

ひと月に複数回のレッスンに通うのがむずかしい、今習っている先生にはちょっと聞きづらいことがあるなど、セカンドオピニオンのレッスンを希望される方は単発レッスンをご利用ください。

ヴィヴラートだけ教えて欲しい、ポジション移動のここがわからない、演奏時のフォームや体の使い方に疑問がある、などのピンポイントレッスンも可能です。

単発レッスンもレッスン内容によってレベルを設定しており、レッスン時間は60分です。

月極レッスンと単発レッスンでは、レッスン料設定に違いがあります。定期的に通われる方でしたら月極レッスンの方が便利なシステムになっています。1ヶ月だけのプラン変更も可能ですのでご相談ください。

また弦楽器を習うのが初めてという方は、月極プランでのレッスンをお勧めしています。単発レッスンはある程度弾けるようになってから講師とご相談ください。

レッスン料についてはこちらから。

アンサンブルレッスン

音楽室ハルモニアでのレッスンの大きな特徴は、アンサンブルレッスンが可能な点です。講師は長年室内楽を中心とした演奏活動を行なっており、室内楽のレッスン手法も勉強をしてきています。

何よりも数あるアンサンブルの形態の中でも、室内楽が最も好きです。

固定のお仲間がいらっしゃる方はぜひみなさん一緒に、また仲間を探しているんだけど、という方もご相談ください。室内楽のはじめの一歩をお手伝いします。

アンサンブルの具体的な内容は?

個人の演奏技術を学び、習得していくのが個人レッスンですが、アンサンブルレッスンでは、他のパートと音を重ねること、その場合の音程の取り方、リズムの組み立て方、ボーイング、バランス、色彩感など、多岐に渡る重層的な音楽の捉え方が必要です。

それらは例えばピアノとヴァイオリンのような編成とは違い、特に弦楽器同士では独特なバランス感が必要です。どうしたら美しい和音や響きを生むことができるか、一緒に勉強してみませんか?

アンサンブルの編成って?

アンサンブルは集まる楽器の数によって編成が変わります。編成は二重奏(デュオ)、三重奏(トリオ)、四重奏(カルテット)、また五重奏や六重奏以上の編成もあります。

この中にはピアノが入る編成(ピアノ三重奏、四重奏)や、管楽器が入るもの、弦楽器でもコントラバスが入るものもありますが、音楽室ハルモニアでは、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの多重奏をレッスンいたします(珍しい編成の場合は事前にご相談ください)

一緒に弾く仲間がいない場合も

大丈夫です!講師と一緒に二重奏(デュオ)を勉強しましょう。簡単なデュオは個人レッスンでも取り入れていきますが、本格的な曲になったらぜひアンサンブルレッスンを受講してください。

講師はヴァイオリンとヴィオラが演奏できるので、どんな編成のデュオでも可能です。ヴァイオリンデュオ、ヴィオラデュオ、ヴァイオリンとヴィオラ、ヴァイオリンとチェロ、ヴィオラとチェロなどができますね。

弦楽四重奏などでヴァイオリンやヴィオラのメンバーが足りないグループは、講師が演奏しながらレッスンすることも可能です。アンサンブルレッスンを行える最大人数は6名まで(六重奏)です。

アンサンブルレッスンの料金はこちらから。

オンラインレッスン

新型コロナウイルスの流行に伴い、オンライレッスンも急速に増えてきました。私自身もここ数年オンラインレッスンを行ったり、オンラインレッスンを受講する機会が増えました。

遠い場所からでも受講可能ですし(アメリカ、ドイツ、ベルギーなど各地にいるメンバーと受講したことがあります)オンラインならではのレッスンができるのも魅力ですね。

音楽室ハルモニアでのオンラインレッスンは、zoomを使用します、受講される方はアプリをダウンロードしていただき、講師からzoomにアクセスするリンクをお送りしますので、そちらから入室していただければレッスン可能です。

オンラインレッスンは通常のレッスン手法だけではレッスンが成り立ちません。講師から課題の演奏見本動画やチャットによるフォローアップ、また生徒さんご自身で演奏動画をお送りいただく場合もあります。自立した練習と課題に取り組む姿勢が必要です。

オンラインレッスンで月極プランを利用されたい方はご相談に乗ります。レッスン料金はこちらから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA